なぜアンドロイドか

アンドロイドでは、OSが全面的に公開され、いろいろ新しい試みが出来る

スマートフォンが普及したのは、アップル社がアイフォンを開発し、その有効性を実証したからです。
アイフォンは、年長者、障碍者を含む多くのユーザーに使ってもらえるように設計され開発されました。
アンドロイドは、グーグル社が、小さなベンチャー企業であったアンドロイド社を買収し、アイフォンを追いかけるように開発してきたスマートフォンです。
以降、2016年はじめまで、アイフォンが先行していたといえます。
アップル社とグーグル社は、正反対とも言える哲学で、スマートフォンを開発してきました。
アップル社は、ハードウェアからOSや主要なアプリまで、自社で統一的にコントロールして来ました。
グーグル社は、ハードウェアは作らず、OSを全面公開することで、世界中の会社がハードウェアを製作し、OSに付加価値をつけて、売り出すこと推奨したのです。
そのため、日本だけでも100以上のアンドロイド端末が売り出されています。
この基本戦略の違いから、アイフォンとアンドロイドに、次のような長所と短所が現われています。

スマートフォンやタブレットは、障碍者に向いている

スマートフォンやタブレットは、多くの職場で、必修の情報機器となっています。
手で触れるキーボードがない点で、視覚障碍者には使用が難しいと思われてきました。
しかし、最近の機器では、すぐれた機能が備わり、スマートフォンやタブレットは、パソコンよりも障碍者に使いやすいと言えます。
問題は、アプリが無料あるいは廉価販売されるため、マニュアルが提供されないこと、機器やOSの更新サイクルが短いことにあると考えます。
ユニバーサル-アクセス携帯(UA携帯、ユーエイ携帯)は、この2点を克服する「携帯電話兼情報端末」です。

アクセシビリティに配慮した機能が、活用されていない

アップル社やグーグル社が、障碍者に配慮した機能を開発し、スマホやタブレットのアクセシビリティを高めていても、アンドロイドのアプリ、特に日本で開発されたアプリでは、これらの機能に対応していないものが多いのです。
この背景には、これらの機能の存在や利用方法が、アプリ開発者に知られていない事実があります。
またアンドロイド・スマホは、通信業者独自のレイヤーが被さっているため、使い方がまちまちで、スマホやアプリの使い方のマニュアルを用意することが、大変難しくなっています。

新しい可能性を、ユニバーサル・アクセス携帯で感じて欲しい

ユニバーサル・アクセス携帯(UA携帯)は、アンドロイドが提供するアクセシビリティ機能、トークバックや画面拡大機能と、クリエートシステム開発による日本語合成音声や音声とキーボードを併用できる日本語入力、カメラによる画像認識など使って視覚障碍者が使いやすくした、アンドロイド・スマホやタブレットです。
価格を抑えるため優良な中古機器を購入し、システムを更新し、異なる機種でも同じように使えるように工夫をしています。
UA携帯はシムフリーで提供しているので、ワイヤレス・インターネットが使える学校や職場や家庭で、インターネット電話の番号を購入するだけでスマートフォンを体験できます。
さらにモバイル・データー通信を提供する業者と契約すれば、屋外でも携帯電話として使えるようになります。

協力者のご努力により、UA携帯のマニュアルがDAISY規格で用意されました。
そこには、操作方法の解説だけでなく、操作をした際の応答も録音されています。
DAISYの再生機器で聞きながら、一つづつ、操作を覚えてください。

UA携帯は、市販されているアンドロイドと同じ様に使える点で、機能を制限して年長者や障碍者に使いやすくしたスマートフォンとは、大きく異なります。
UA携帯の使い方に習熟すれば、情報社会の恩恵を楽しむことができるでしょう。
また新機種や新しい機能が追加されても、努力を続けることで対応できと思います。
最初に習得する時には、かなりの覚悟と努力が必要となりますが、あきらめずに頑張ってください。

障害者ユーザーの増加が、アクセシビリティ向上の力となります

私達は、アンドロイドを使いこなす障碍者が増え、日本のアプリ開発業者が、障碍者の利用を念頭に入れた開発をするようになることを願っています。
今も、ユーザーの後押しを得て、対応不十分な部分をアプリ開発者に指摘し、改善を依頼し続けています。
このような活動の積み重ねで、アクセスビリティが向上してゆくと信じています。
一緒に努力しましょう。


まえのページにもどる
トップページにもどる